山村洋ぬいぐるみギャラリー自己紹介ファイスブックお問い合わせ
  トップページ作品型紙販売ワークショップちくちく工房旧作型紙
山村洋ギャラリー
 

ぬいぐるみ&手芸 ワークショップ>ワークショップのデザインについて

「こんなワークショップになるといいなあ」、と、考えています。

ワークショップデザイン



「つくる人」で、いてほしい

ぼくが、ワークショップなどで、もっとも大切にしていることです。
ここで言う、「つくる人」というのは、職業のことや、手先の器用さのことでも、完成した作品の出来不出来のことでもなく、普段の生活で、必要なもの欲しいものを、何でも「買えばいい」、と、安易に思わない人のこと、暮らし方や生き方のことです。

完成させた喜びや、ワークショップの時間を楽しむことも大切だけど、ワークショップが終わってから、どのように世の中を見るようになるかが、もっと大切だと考えています。
「何をつくったか」よりも、つくることによって「何を考えたか」、「何が見えてきたか」、「何が分かったか」が大事なんだと。

こんなことを書くと、とても難しいことのように思えるかもしれませんが、つくるものの難しさは変わらないし、難しい話をするわけでもありません。

何でも自分で作るわけにはいきませんが、ものの見方を少しクリエイティブな方向に変えてみる、「考えみてみましょう!」「よく見てみましょう!」、実は、たったこれだけのことなんです。



出来た < 分かった

「出来たけど分からなかった」ということも、「分かったけど出来なかった」ということもありえます。
分からなくても、続けていくうちに分かることもあります。
「型」は理解した方が良いけど、その「型」って、作り方の「型」のこと?、考え方の「型」のこと?

どちらを大切にするのかを問われたら、どちらも大切だし、考え方は人それぞれでしょうけど、ぼくは「分かった」の方が大切だと思います。
完成させる達成感も必要だけど、そこがゴールではなく、将来もっと素晴らしいものが作れるようになるには、「分かったか、どうか」を意識した方が良いように思っています。


難しい? 優しい?

一般的に、「作るのが難しい」と言われるものって、大きく分けると、熟練した技術は必要なものと、時間のかかるもの、があると思います。
前者の熟練した技術は必要なものは、間違いなく難しいけど、後者の時間のかかるものって、「本当に難しいの?」と問われたら、難しいかどうかは何とも言えません。
なので、このホームページにある、ぬいぐるみを作ることに、かかる時間の差はありますが、難しさは、どれもほとんど変わらないんだとも言えます。
時間がかかっても良ければ、どんなものでも作ってみれば良いんだ、思っています。
でも、型紙を作る難しさの差は、かなりありますよ。(*^^*)


参加する人は、一人ひとり違うけど ・・・・・・

洋服作りや、ぬいぐるみ作りをしている人の、参加動機や習熟度を分けてみると、だいたい下の図のようになると感じています。


ワークショップのデザインについて


作るものの難しさや、かかる時間と、作る人の技術力とは、本来は関係ありませんが、実際には、おおむね比例関係になると思います。
参加動機については、事前にわかることはあまりないし、同じ人でも、参加動機が変化することもあるようです。
そこで、その4つのグループに、それぞれ名前をつけてみると ・・・・・・

ワークショップのデザインについて


あらかじめ、たて軸の完成までにかけられる時間と、参加する人の技術がどのくらいかは、あるていど分かるし、それらは急に変わったりはしないので、様々な条件を考えながら、作る題材は決めています。
でも、よこ軸のほうは、どんなものを作るかとはほとんど無関係なので、こちらは臨機応変にしています。

当日に何を作るか以外のテーマを設けて、最初にプレゼンテーションをすることもありますが、作るもの以外のテーマは考えないことのほうがが多くて、これは、作る人にとって、長すぎるプレゼンテーションの時間は、あまり意味がないことが理由です。
どのような動機で参加するかは、それぞれの参加する人の自由ですけど、個人的には、何か新たに発見してもらえることがあると嬉しいです。
もっとも、急に難しい立体化の理論の話なんかを始めても、きっとウザいだけなので、図の位置をちょっとだけ右にもっていくように心掛けています。



 
  トップページ作品型紙販売ワークショップちくちく工房旧作型紙
サイトマップ | 山村ドレス工房
(C) 2017 このサイトの掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山村ドレス工房に帰属します。
inserted by FC2 system