やまむらや ぬいぐるみ店自己紹介ファイスブックインスタグラムお問い合わせ
  トップページ型紙&作り方ちくちく工房ワークショップ作品旧作型紙
やまむらや ぬいぐるみ店
 

洋裁ワンポイント・ソーイング ワンポイント

ワークショップや他の機会で色々な人の制作の様子を見ていて、必要だと感じたちょっとした縫い方のコツや技術を掲載しています。



針に糸を通す? 糸に針を通す?

ぼくの経験では、左の写真のように利き手に糸、逆の手に針を持って、糸を動かして針に糸を通すのではなく、右の写真のように利き手に針、逆の手に糸を持って、針を動かして糸に針を通す(かぶせる?)方が簡単に通ります。
理由は、糸を動かすと先端がぶれるけど、針を動かしても先端はぶれないからと、手前に針があると針穴が見えるから。

この方法は自分でも知らない間にしていて、どういう経緯で始めたのか分からないのですが、たまたま妹がそれに気づいて、一般的なやり方と違うことに気づきました。
ただ、自分にだけがやりやすい方法だと、他の人に教えることはしないのですが、後日あるテレビ番組で、この方法が取り上げられたのを見て、多くの人にも通じる話だと思い、積極的に伝えるようになりました。

慣れもあるし、この方法を覚えても縫い物が目に見えて早くなるわけでもありません。
聞いた人が、結果的に実践するかはどちらでもいいんですけど、それでもこの話を最初にする理由は、「『針に糸を通す』という、当たり前の話にも、実は疑う余地がある」ということを言いたいからです。
「先生の言う通りにすればいい」というような思考停止状態は、ぼくは好きじゃなくて、それぞれの人が一度は自分で疑問に持ってみて、自分で模索して、自分で答えを見出せばいいのだと。
これは、考え方を自由にする方法でもあると思います。

針に糸を通す? 糸に針を通す?針に糸を通す? 糸に針を通す?




玉結び・結び玉

玉結びには、針で作る方法と指で作る方法があります。
どちらの方法でも出来ますが、玉の大きさが一定に保て、先端の糸の長さが調節できるため、針で作る方が良いと思います。
ここでは、針で作る玉結びの作り方を紹介します。


1 指(利き手ではない方の人差し指)に糸を横に、その上から針を縦に押さえます。
2 糸を針に巻きつけます。(糸の太さによって違いますが、1回から3回くらい)

玉結びの作り方 1玉結びの作り方 2


3 針の巻きつけた部分を親指で押さえて、針を上に抜きます。針を固定して指を下に動かしても同じ結果なので、やりやすい方法で構いません。
4 玉結びの完成です。写真の玉結びはあまり硬く結んでいないので、もう少し硬く結んだ方が良いと思います。

玉結びの作り方 3玉結びの作り方 4


5 縫ってみました。玉結びは時間が経って緩んでいることがあるので、あまり糸の先端をギリギリに切らない方が良いと思います。

玉結びの作り方 5




玉結び・結び玉 の大きさについて


1 場所によって力のかかり方は違うし、生地(フェルト)や糸にもよりますが、このような縫い方だと、玉結びのところから縫い目が解けてくることがあります。
こういう場合、玉結びをどんどん大きくすれば解けなくなりますが、それは間違いです。
問題は、「玉結びが小さすぎること」ではなく、「力のかかる場所に玉結びがあること」だからです。

玉結び・結び玉 の大きさについて 1


2 じゃあ、どうすればいいかというと、力のかからない場所に玉結びがあるようにすればいい、ということです。
3 このように、糸を貫通する(糸が2本取りなら、糸と糸の間を通す)ようにすれば、玉結びの大きさは全く関係なくなるので小さくても大丈夫で、よけいな分厚い箇所が無くなります。

玉結び・結び玉 の大きさについて 2玉結び・結び玉 の大きさについて 3




フェルトの切りかた

フェルトを切るときは、型紙をフェルトの上にのせて、ペンなどで線を書いてから切る方法と、型紙をフェルトに待ち針でとめて直接切る方法とがありますが、特に細かいものは、直接切ることをオススメします。
慣れれば、2枚同時に切ってもかまいませんが、それが難しいときは、一枚づつ切ってください。
型紙を少し大きめに切って、フェルトにセロテープで貼りつけてから、型紙と同時に切る、という方法でも良いと思いますが、フェルトが余分に必要だと思います。



待ち針は、たくさん使いましょう

縫製工場では縫うときに待ち針は使わないし、手なれれた人も同じ傾向があると思いますが、出来なければ、無理に真似をしない方が良いでしょう。

よく、裁断の時に生地が動いたり、縫い合わせる時に下の生地が動いたりするのを見かけます。
洋裁は工業製品などの他の分野に比べて、正確な寸法である必要はありませんが、正確に出来るにこしたことはありません。
これは、多くの場合は待ち針をたくさん使うことで解決すると思います。

待ち針は、たくさん使いましょう。




フェルトの縫い方

フェルトの一般的な縫い方はブランケットステッチだと思いますが、ここでは使っていなくて、全てなみ縫いです。
ただ、厚みの関係で、左の写真のように一針ずつ縫っています。
右の写真のように、すくっても縫えますが、ステッチを見せたい時にはオススメできません。

フェルトの縫い方 1フェルトの縫い方 2


あとで綿(わた)を入れるので、糸は少し強めに縫いましょう。特に足は綿(わた)を沢山入れるので、強めに縫いましょう。
フェルトが少し縮む感じで大丈夫です。

フェルトの縫い方 3フェルトの縫い方 4




最初と最後の縫い方

フェルトの最初は、フェルトとフェルトの間、縫い始める位置より、縫う間隔の半分だけ内側から初めて、縫い始めます。

フェルトの縫い方 3フェルトの縫い方 2


フェルトの最後は、フェルトとフェルトの間、縫い終わりの位置より、縫う間隔の半分だけ内側から、上の一枚だけ針を通し、内側から結び玉を作ります。

フェルトの縫い方 1フェルトの縫い方 4


裏から結び玉が作れない時は、上と同じように上のフェルト一枚だけ針を通し、フェルトとフェルトの間から出します。

フェルトの縫い方 5フェルトの縫い方 6


ここで、結び玉を作って、同じ所から適当な場所に針を通して、結び玉が隠れるように糸を引っ張り、残った糸を切りとります。

フェルトの縫い方 7フェルトの縫い方 8
フェルトの縫い方 9




フェルトぬいぐるみの綿(わた)の詰め方の話


写真左

ボクは、フェルトぬいぐるみに綿(わた)を詰める時には、写真のマイナスドライバーを使っています。
大半は大きな方で済みますが、時々小さいものが必要になります。
自分では、最後に一気に綿(わた)を詰めていますが、細かい部分は特に、その箇所が縫い終わりしだい綿(わた)を詰めても良いと思います。

綿(わた)をどのくらいの密度で詰めるかは、場所によってだいたい4段階に分かれていて、ここでは写真右のトリケラトプスについて説明します。

1番目は、出来るだけ沢山詰めるところ。
ここでは足がそうで、できるだけ固くしましょう。
縫い方が緩いと縫い目が開いてくるので、縫う時の強さにも気をつけて下さい。

2番目は、普通の強さの場所。
大半の場所がこれです。シルエットが丸みを帯びてくるあたりを目安にして下さい。

3番目は、少しだけ詰める場所。
ここでは下顎がそうで、ふわっと詰める程度です。あまり詰めると口の中が膨らんできます。

そして、4番目は全く詰めない場所。
ここでは角と顔のヒラヒラの部分がそうです。
角は全体の重さがかからないので、何も詰めないことが多いですけど、シカやトナカイは詰めています。
因みに、写真左のステゴサウルスのヒレ?には綿は詰めていませんが、詰めても雰囲気が変わって良いと思います。


写真右

足の先の綿の詰め方がそれぞれ違います。
左のティラノサウルスはかなり沢山、中央のアマルガサウルスは少し、右のディメトロドンは全く詰めていません。
4本足は見た目の好みでも構いませんが、2本足では固くしないと自立しません。

フェルトぬいぐるみの綿の詰め方の話。フェルトぬいぐるみの綿の詰め方の話。



フェルトが足らないときの、はぎ方


材料がたくさんある時は必要ありませんが、無駄も多いので、型紙は1枚でも、目立たないところで縫目にしているものもあります。
そのときは、型紙を切り離して、縫い目のところの縫い代(2mm)をつけて裁断し、外表で縫い合わせます。

※左上から、D-01、ティラノサウルス2、D-02、スピノサウルス2、D-05、アロサウルス、D-22、ディロフォサウルス
左下から、D-20、オウラノサウルス、D-07、ミラガイヤ、D-14、ステゴサウルス2、D-17、エラスモサウルス

ティラノサウルス2スピノサウルス2アロサウルスディロフォサウルス
オウラノサウルスミラガイヤステゴサウルス2エラスモサウルス


フェルトが足らないときの、はぎ方



フェルトぬいぐるみを作るとき、いつも使ってる糸は


特に決まりはありませんが、普段はこんな糸で縫っています。
毛糸売り場などで売っている綿100%のものです。
刺繍用の糸でも大丈夫ですが、「使わない時の管理が楽」という、わりといいかげんな理由で利用しています。

フェルトぬいぐるみを作るとき、いつも使ってる糸は




 
  トップページ型紙&作り方ちくちく工房ワークショップ作品旧作型紙
サイトマップ | 山村ドレス工房
(C) このサイトの掲載内容の無断転載を禁じます。すべての著作権は山村ドレス工房に帰属します。
inserted by FC2 system